Home >> 1~20 >> 歌うための詩2 「鯨よ」

歌うための詩2 「鯨よ」
2011年 10月 06日(木曜日) 04:52

鯨よ
                              
春の海を泳いで来た 鯨よ
                              
鯨よ
                
打ち上げられ 眠れ眠れ 鯨よ

汐の流れと見えたのは
                
酒精(さけ)の流れであったのか
                
ひたひたと 
                              
渚の小波は 子守唄を歌っている

                

 

 

鯨よ
                
春の渚に眠れ眠れ 鯨よ

鯨よ
                
打ち上げられ 眠れ眠れ 鯨よ
                
真昼の日差し暖かく
                
夢は芽吹きの春の山
                
きらきらと 
                              
落葉松の枝に エメラルドの粒の輝き

                
鯨よ
                
春の渚に眠れ眠れ 鯨よ
                
時を止めて
                
心ゆらして
                
山桜 夢に咲いて散れ
                
君の背中いっぱい ちらほら
                              
ちらほら ちらりほ
                
乙女姿の春の星座(ほし)